instagramで毎日の読み聞かせ記録を公開中 click

【大人の英語学習】アメリカで大人気の漫画風チャプターブックが多読にぴったりでした

小学1年生になる長男(現地校では2年生)は、読書が大好き。
最近は、漫画みたいなチャプターブックを好んで読むようになってきました。
長男があまりに熱心に毎日読んでいるので、どんなものかと私も試しに読んでみたらこれが面白くて。

これは大人の多読にもぴったりだなと思ったので、今回ご紹介しようと思います♪

この記事はこんな人におすすめ
  • 英語多読に取り組んでいる人
  • 英語多読にチャプターブックを読んでみたい人
  • 多読に挫折気味。楽しく読める本を探している人
  • 大人の多読におすすめのやさしい書籍が知りたい人
  • 小学生にもおすすめの書籍が知りたい人
目次

【多読におすすめ】マンガみたいなチャプターブックとは?

そもそもチャプターブックって何?

チャプターブックとは、複数のチャプター(章)から成る、7-10歳向けの児童書のことです。
幼児向けの絵本はイラストがメインなのに対して、チャプターブックでは挿絵はありながらも文章のほうがメインになっています。

アメリカでは、だいたい小学校1〜2年生頃からこのチャプターブックを読むようになります。
アメリカの学校では、キンダーから1年生の間にフォニックスや簡単なサイトワードを徹底的に学んでリーディングの基礎を身につけます。チャプターブックは、ある程度単語が読めるようになってきた小学校低学年のためのやさしい児童書です。

以前ご紹介した『Magic Tree House』は、アメリカでは超定番のチャプターブックです。


ところでアメリカの小学校では、日本の国語の授業のように皆が同じ教科書に沿って英語を学ぶわけではありません。
子どもたちが通う学校では、リーディングの授業はクラス内でレベルごとに4グループに分かれて、それぞれのレベルに合った本をグループのメンバーと読み進めていくというスタイルでした。
そのときに読むのも、このチャプターブックという児童書です。(小学校低学年の場合です)

マンガみたいなチャプターブックってどんなもの??

さて、今回ご紹介するマンガみがいなチャプターブックというのは、マンガの要素が折り込まれたイラスト多めのチャプターブックのことです。

こちらは長男が最近お気に入りの『BAD KITTY』です。
中はこんな感じで、ページによっては絵がメインのページもありますし、漫画のようにコマ割りされたページもあります。

created by Rinker
Square Fish
¥979 (2022/09/30 03:20:36時点 Amazon調べ-詳細)

※BAD KITTYシリーズの以下6冊はチャプターブックではなく幼児〜向けの絵本なのでご注意くださいね。
絵本ですがこちらもマンガっぽさがあっておすすめです。


『PRESS START』は兄弟でよく読んでいる、さらに読みやすそうなもの。

こちらは全編フルカラーで、ストーリーもキャラクターもゲームの世界観となっています。
さらに読みやすいと思います。


絵本からチャプターブックへの移行期、文字の多さになかなか慣れないって子どもは多いものです。
そんなときにこのマンガっぽいチャプターブックはとってもおすすめです。

子どもだけでなく、多読になんとなく飽きてきた英語学習中の大人にもおすすめですよ。


チャプター(章)で構成されているので、まずは毎日1チャプターずつ読んでみてください。

eiko

読み聞かせに使うのもおすすめです♪

アメリカで人気の(マンガ風)チャプターブックをご紹介

さて、ここからはアメリカの小学生に人気のマンガ風チャプターブックをご紹介していきます。

チャプターブックが初めての人におすすめ

『PRESS START』(レクサイル指数 500L程度)

こちらは全編フルカラーでゲーム世界観というのがポイントです。
長い文章にまだ慣れないというお子さんや、気楽に多読に挑戦したい大人におすすめです。
子どもたちは飽きずに繰り返し読んでいますよ。


『Dog Man』(レクサイル指数 300L〜500L)

こちらはマンガの要素がかなり強めです。
文字数も少なめなのでどんどん読めます。


created by Rinker
Scholastic Press
¥944 (2022/09/30 11:29:46時点 Amazon調べ-詳細)

『The Bad Guys』(レクサイル指数 500L程度)

著者は『Pig the Pug』のAaron Blabeyさんです。
ウィットに富んだストーリーは大人も子どもも楽しめます。
日本語訳のタイトルは『バッドガイズ』です。


多読にある程度慣れている人におすすめ

created by Rinker
¥5,528 (2022/09/30 18:41:52時点 Amazon調べ-詳細)

『Captain Underpants』(レイクサイル指数 600L〜800L)

こちらはアメリカの小学生(特に男の子)たちに大人気のシリーズ。
作者は『Dog Man』と同じDav Pilkeyさんです。
マンガっぽさはそれほど強くはありませんが、、絵が多めでフルカラーというのが読みやすいです。(フルカラーバージョンと白黒バージョンが出版されています)

日本では『スーパーヒーロー・パンツマン』の邦題で同作が出版されています(笑)


『The Bad Guys』(レクサイル指数 500L〜700L)

アメリカのチャプターブックにはなぜかBADを冠するタイトルが多いですね(笑)
こちらはイタズラが大好きなネコの面白おかしいストーリー。
7歳の長男の最近のお気に入りです。

まとめ

本記事では、多読におすすめなマンガっぽいチャプターブックをご紹介しました。

絵本はもうたくさん読んだから、ステップアップして文章メインの本を読んでみたい!
でも文章だけじゃつまらないし挫折しがち…


そんな方にぴったりなのが、イラスト多めの楽しいチャプターブックです。
マンガっぽさもあって、大人も子どもも気軽に読めるところがおすすめです。


我が家は長男が現地校2年生、次男がキンダーで、まさに自立した読書のスキルを身につけている最中です。
大人も同じだと思いますが、多読がいいからといって急に難しい内容のボリュームたっぷりの本を読もうとしても続かないんだなと思いました。
英語を身につけるために多読はとても効果がありますが、何よりまず大切なのはストレスなく楽しく読むことかなと思います。
実際、私自身も毎日約30分の英語の読み聞かせを続けていますが、とにかく楽しんでやっています。息子たちにも、とにかく好きなものを好きなだけ読ませるというスタイルをとっていますが、おかげでとてもいい読書習慣がついている気がします。(実際、長男は学校のリーディングの成績がずば抜けていて、現在5年生レベルと判定されました!)



みなさんもぜひ、マンガ風チャプターブックで楽しく気楽に多読をしてみてください♪

eiko

大人も子どもも楽しめますよ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次