instagramで毎日の読み聞かせ記録を公開中 click

【初心者におすすめ】アメリカで大人気!英会話練習にもなる絵本【Elephant & Piggieシリーズ】

eiko

こんにちは♪
英語絵本の読み聞かせを実践したら英検準1級に合格した、元英語苦手な主婦のeikoです。


みなさんは、おうち英語の一環として英語の絵本の読み聞かせを取り入れたいと思ったものの…

どんな絵本を選べばいいの…?たくさんあって選べない!

自分や子どもに合ったレベルは??

子どもが興味を示してくれるか心配…失敗しない絵本選びがしたい!

そんな悩みをお持ちではありませんか?

かくいう私も、英語絵本の読み聞かせを始めた当初はどんな絵本を選べばいいかわからず、たくさんの絵本を無駄にしてしまいました…


でも、アメリカの図書館で開催される読み聞かせイベントやママ友からのおすすめで「この作者、このシリーズは間違いない!」という鉄板の絵本にいくつか出会いました。


今回ご紹介するElephant & Piggieシリーズもそのひとつ。


子どもたちはすぐにどハマりしたので、思い切って全巻揃えましたが、本当に購入してよかったと思っています。
もう、何回読んだかわからないほど繰り返し読み聞かせて、さらに気づいたら子どもたちはすすんで音読を楽しんでいたからです。しかも兄弟で仲良く…!

絵本を気に入っただけじゃなく、子どもたちが自分から、しかも兄弟で仲良く音読を始めた絵本はこのシリーズ以外にはなかったのでびっくりでした。


  • 英語の絵本を読むのが初めてで、レベルの易しい絵本を探している
  • 易しいといっても、赤ちゃんの絵本ではなく幼児〜小学生でも楽しめる内容の絵本を探している
  • ゆるくおうち英語親子英語に取り組んでいる
  • 英語絵本の読み聞かせを通して英会話のスキルも身につけたい
  • とにかく失敗のない、コスパのいい英語絵本を探している
  • 子どもが楽しんで音読できるような英語絵本を探している
eiko

本記事ではそんな人におすすめの大人気絵本、
Elephant & Piggieシリーズについて詳しくご紹介したいと思います♪


created by Rinker
Hyperion Books for Children
¥17,965 (2022/09/30 16:36:55時点 Amazon調べ-詳細)


目次

Elephant & Piggieシリーズとは?

作者のMo Willemsさんってこんな人

作者はアメリカの超売れっ子絵本作家のMo Willemsさんです。

By Alvintrusty – Own work, CC BY-SA 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=22636219


彼はセサミストリートのアニメも担当するアニメーターとして活躍していましたが、2003年からは絵本の執筆も始めました。すると絵本は瞬く間に話題となり、米ニューヨーク・タイムズは「the biggest new talent to emerge thus far in the 00’s (2000年代で一番の大物新人が現れた)」と彼を評しました。

絵本はコルデコット・オナーはをはじめとする数々の賞を受賞しました。

アメリカの子どもたちで彼の絵本を知らない子はおそらくいないほどの圧倒的な知名度です。
プリスクールや小学校でも教材としてよく取り上げられるようです。そして小さな子どもたちはみんな、彼の絵本が大好きなんですよ。

Elephant & Piggieシリーズってこんな絵本

Elephant & Piggieシリーズはそんな彼の代表作のひとつです。

慎重で真面目な性格のゾウの男の子(オス?)Geraldと、
無邪気で天真爛漫なブタの女の子Piggieの、仲良しのふたり(2匹??)の日常の物語です。

見た目も性格も正反対なふたりですが、だからこそなんでしょうか、彼らは大の仲良し。
ふたりはいつもお互いのことをそれぞれの形で思いやっています。
ユーモアがあってクスッと笑えて、でも時にはふたりの深い友情に感動することさえある、そんなお話の数々です。

ふたりのほかに、お友達のリスやコウモリ、ミミズ、クジラ、カバなどのたくさんの楽しい仲間たちが登場するんですが、彼らもまたいい味を出しています。


この絵本の一番の特徴は、ふきだしによる会話形式の絵本であるところです。
キャラクターそれぞれから色分けされたふきだしが出ていて、その会話文だけでストーリーが展開されます。



Elephant & Piggieシリーズは全25巻。(完結しています)

そのうち、なんと2冊がTheodor Seuss Geisel Medals(セオドア・スース・ガイゼル賞:ビギナー読者のためのすぐれた絵本に贈られる賞)を獲得、
そして5冊がTheodor Seuss Geisel Medal Honors(同賞のオナー:佳作)に選ばれています。
25冊中7冊が賞に選ばれているというのは驚きですよね。

このセオドア・スース・ガイゼル賞受賞作品は、アメリカのネイティブの子どもたちならだいたいキンダー(幼稚園年長)から小学校1年生あたりの子どもたちが読むようなレベルのものです。
ですから、難しい単語や表現は出てきません。

実際、我が家の子どもたちもキンダーでフォニックスを学び、単語を読む力がついた頃にはElephant & Piggieシリーズの音読がすらすらできるようになっていました。

学校でも、Pete the CatやDr. Seussの絵本と同じくらいよく教材として使われていたようですよ。

Elephant & Piggieシリーズが初心者におすすめな理由

さて、そんなアメリカの売れっ子絵本作家Mo WillemsさんのElephant & Piggieシリーズが初心者にぴったりな理由は以下です。

おすすめの理由① かわいいイラストと愛すべきキャラクター

まず一番の理由はこちら。
かわいいイラストとその愛すべきキャラクターたちです。

なんといっても絵本の一番大事なポイントって、イラストやキャラクターが魅力的かどうか、それに尽きると思います。
もちろん内容も大事です。でも、いくらお話が道徳的だったり英語学習にぴったりだったとしても、子どもがハマってくれないことには意味がありません。そういう意味でも、イラストやキャラクターは大事ですよね。

Elephant & PiggieシリーズのGeraldとPiggieは、かわいくてユーモアがある魅力的なキャラクターです。
子どもだけでなく、私までファンになってしまったほどです。
そしてイラストの色合いなんかも、とってもオシャレなんですよね。

私はついつい、ポスターを買ってしまったほどです。


おすすめの理由② ふきだしによる会話形式

絵本といえば、文章はいわゆる書き言葉(文語体)でつづられたものが大半ですよね。
それはそれで、文語に慣れるためにもちろん必要だと思います。
しかし、英語をこれから学ぼうとする初心者からすると

「それよりまずは会話から練習したい」

というのが正直なところですよね。
でも、おうち英語で会話の練習をするのって…難しいです。
親がある程度話せないと(実際はある程度話せたとしても)難しいんです。


そこでおすすめしたいのが、ふきだしつきの会話文で書かれた英語の絵本です。


これが、初心者でも簡単に読めて、そして会話の練習が親子で自然とできちゃうすぐれものなんです。


さらにこの絵本のすばらしいところは、登場人物がほぼふたりだけというところです。
ちょくちょくかわいい仲間たちが登場することもありますが、基本はGeraldとPiggieのふたりのお話です。
ふきだしは登場人物ごとに色分けされているので、どちらの会話文かも一目瞭然。
会話文は見開きに1〜2文出てくる程度で、小さな子どもでも無理なく読めます。
それから会話文は抑揚や強弱が文字の大きさや装飾で示されているので、どんな風に読めば効果的かもわかるようになっているところもポイントです。

まさに、英語初心者の会話練習のためのような絵本!なんです。



我が家では自然と、こんな風にステップアップしていきました。
最終的には子どもがすすんで自分から音読するようになってくれてびっくり!(そんな絵本ははじめてでした)

STEP
大人がすべて読み聞かせをする

通常の絵本と同じようにはじめは私が読み聞かせをしていました。

STEP
GeraldとPiggieの一方を大人、一方を子どもが担当して読む

何度も読んで内容を覚えた頃には一方を私、一方を長男で読んで楽しんでいました。
まさに、会話練習ですね。
これがなかなか楽しくて、しばらく寝る前の読み聞かせはこればかりでした。

STEP
兄弟でそれぞれを担当して読むように

当時3〜4歳だった次男もいつの間にか内容を丸暗記していて、
気づけばふたりで勝手に読んで、私に聞かせてくれるようになりました。
抑揚をたっぷりつけて音読するのはとてもいい会話練習になっていたはずです。
何より、兄弟で読む様子が可愛くてたまりませんでしたよ!

おすすめの理由③ 初心者にぴったりのレベル

3つめのおすすめの理由は、Elephant & Piggieシリーズが初心者にぴったりのレベルであることです。

初心者にとって、どんなレベルの絵本から始めればいいのかは悩ましい問題だと思います。

難しくて挫折するのは避けたい、
でも易しすぎてもあまり意味がなさそう…

そうお悩みの方にぴったりなレベルが、まさにElephant & Piggieシリーズです。


もっと易しいレベルの、単語しか出てこないような赤ちゃん向けの絵本もあります。
お子さんがまだ小さければそういった絵本もいいかなと思いますが、お子さんが幼稚園〜小学生くらいで、かつ親も一緒に英語を学びたいという場合にはそれだとちょっとレベルが易しすぎます。

Elephant & Piggieシリーズはシンプルな文章、
しかも口語(話し言葉)で構成されているので英語の導入にはぴったりです。


具体的にElephant & Piggieシリーズのレベルはというと、Lexile指数(レクサイル指数)120L〜310Lで、大部分が200L程度です。
これがどのくらいのレベルかというと、ネイティブの幼稚園年長〜小学校1年生が自力で読める程度のレベルです。


年長から小学1年生というと、アメリカの学校では
phonics(フォニックス:ひらがなの50音にあたる英語の発音ルール)
初歩のsight words(サイトワード:フォニックスの例外的な単語)
を徹底的に学ぶ時期ですから、英語を読めるようになるためにはこのレベルから始めるのが初心者には最適ということでもあります。


またElephant & Piggieシリーズは
25冊のうち2冊がTheodor Seuss Geisel Medals(セオドア・スース・ガイゼル賞:ビギナー読者のためのすぐれた絵本に贈られる賞)を獲得、そして5冊がTheodor Seuss Geisel Medal Honors(同賞のオナー:佳作)に選ばれています。
25冊中7冊がビギナー読者のための本に贈られる賞に選ばれているんです。

まさに、初心者のためにぴったりの絵本といえます。


おすすめの理由④ シリーズものであること

私はこれまでにたくさんの、2000冊以上の英語の絵本を読んできましたが
その中で感じたのは、シリーズものの絵本の求心力です。

我が子はシリーズものの絵本がとにかく大好きなんですが、その気持ちは子どもの頃を思い返せばよくわかります。
私も、こまったさんシリーズやズッコケ三人組などの児童書が大好きでしたね…(歳がバレそう)
シリーズものって、次から次へと読みたくなっちゃうんですよね。

eiko

みなさんはいかがですか?


さて、子どもがシリーズものにはまってくれると親としてもとても助かります。

読み聞かせは毎日の継続が大切なので、新しい絵本を常に選んで確保しておくのは実はけっこう大変です。
私は「これはきっと子どもたちが好きだな」と思ったシリーズものは最初からまとめて購入してしまうので、そうするとしばらくは絵本選びからも解放されて楽です。
英語の絵本の場合は特に、まとめて購入したほうがお得なことが多いですよ。

created by Rinker
Hyperion Books for Children
¥17,965 (2022/09/30 16:36:55時点 Amazon調べ-詳細)


Elephant & Piggieシリーズは全25冊ですが、これはもう何度リピートしたかわからないほど読み聞かせました。
登場人物は主にGeraldとPiggieのふたりなんですが、ときどき登場するサブキャラクターのエピソードが別のお話でも登場したりと関連があったりして、何度も読むうちに子どもたちはそういったことも発見したりして飽きなかったようです。

そして1冊で完結しないことでより深くキャラクターの個性を知ることができるので、子どもたちは結果的にもっとそのキャラクターが好きになっていったようです。

我が家はもう2年以上前に購入したんですが、子どもたちは今でもときどき読むほどのお気に入り絵本です。
それはキャラクターへの愛着があるからこそなのかなと思います。

Elephant & Piggieシリーズの注意点とポイント

読む順番は、1冊を除いてどれからでもOK

Elephant & Piggieシリーズは基本的に1冊完結のお話なので、どの絵本から読んでも楽しめます。
でも1冊だけ、これは25冊の一番最後に読むべきという本があります。
それが「The Thank You Book」です。

created by Rinker
Hyperion Books for Children
¥1,571 (2022/09/30 01:04:40時点 Amazon調べ-詳細)

こちらは、それまでに登場したキャラクターが勢揃いするお話なので、ぜひ最後に読んでみてください。
仲間たちとのいろんなエピソードが出てくるので、我が子はそれを思い出しながらこの絵本を読むのが大好きです。

ふきだし絵本の読み方のポイントは「抑揚(イントネーション)」

ふきだし絵本を読むときのポイントは、抑揚をたっぷりとつけることです。

英語は日本語と比べて抑揚をしっかりとつける言語なので、これをマスターするだけで英会話のスキルはぐっとアップするんです。

英語を聞いていて、歌でも歌っているのかと思うほど音の高低差、リズムがあると感じたことはありませんか?
実際に英語を話すときはしっかりとイントネーションをつけないとなかなか通じないこともよくあります。
ふきだしの会話文を読むときは、大袈裟すぎるほどしっかりと抑揚をつけて読むのがおすすめです。


抑揚をつけることは英会話力だけでなく文章の理解にも直結するので、文章読解のスピードも格段に上がります。


これは音読をしばらく続けなければ実感ができないことですが、ひとたび抑揚のつけ方をマスターすると英語力全般が驚くほどにレベルアップします。
実際に私は抑揚をマスターしたことが自身の英語学習のブレイクスルーとなりました。

シリーズの中で特におすすめの絵本は?

全25巻コンプリートセット

おすすめは全25巻のコンプリートセットです。
こちらは、GeraldとPiggieのかわいいブックスタンド付きです。

created by Rinker
Hyperion Books for Children
¥17,965 (2022/09/30 16:36:55時点 Amazon調べ-詳細)


最初から全巻セットをそろえるのはちょっと勇気がいるな…という人は、Theodor Seuss Geisel Award(ガイゼル賞)受賞作品から選ぶといいかもしれません。

Theodor Seuss Geisel Award(ガイゼル賞)受賞作品

ガイゼル賞受賞作品

created by Rinker
Hyperion Books for Children
¥1,409 (2022/09/30 01:04:42時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,241 (2022/09/30 01:04:44時点 Amazon調べ-詳細)

オナー受賞作品

created by Rinker
Hyperion Books for Children
¥1,412 (2022/09/30 01:04:45時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Hyperion Books for Children
¥1,426 (2022/09/30 01:04:46時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Hyperion Books for Children
¥1,378 (2022/09/30 01:04:47時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Hyperion Books for Children
¥1,415 (2022/09/29 22:53:44時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Hyperion Books for Children
¥1,546 (2022/09/30 02:51:36時点 Amazon調べ-詳細)


7冊はどの作品もユーモアがあっておすすめですが、我が子が特にお気に入りだったのは
「There Is a Bird on Your Head!」「I Broke My Trunk!」「Waiting Is Not Easy!」の3冊でした。

私はその中でも「I Broke My Trunk!」を読むのが好きでした。ストーリーにユーモアがあって、たくさんの仲間が登場するのも楽しいんですよ♪

お得なBiggie!コレクションもおすすめ

お得にたくさん読みたい!という方にはBiggie!コレクションという5話が1冊にまとめられたものもおすすめです。
こちらはなんといっても、そのお値段が魅力!

ただ、かなり分厚いのでお子さんがひとりで読むにはちょっと不向きかもしれません。
それから経験上、寝転がって読み聞かせをする場合にも分厚い絵本は地味に大変だったりします。
それでもこの安さは魅力ですよね。


こちらは2022年1月現在、全25冊中20冊分が4冊に分けて出版されています。
残りの5冊分が早く出版されることを期待します♪

created by Rinker
Hyperion Books for Children
¥2,663 (2022/09/30 03:07:45時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Hyperion Books for Children
¥2,669 (2022/09/30 01:04:48時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Hyperion Books for Children
¥2,549 (2022/09/05 00:11:27時点 Amazon調べ-詳細)


まとめ

初心者におすすめ、
子どもが自分から音読したがる不思議な絵本Elephant & Piggieシリーズをご紹介しました。


こちらの絵本が英語初心者の方、絵本の読み聞かせが初めての方におすすめな理由は次の4つ。

  • かわいいイラストと愛すべきキャラクター
  • ふきだしによる会話形式
  • 初心者にぴったりのレベル
  • シリーズものであること


全25巻のElephant & Piggieシリーズは1冊完結なので基本的にどのお話から読んでも問題ありませんが、「The Thank You Book」だけは最後に読むことをおすすめします。
(サブキャラクターが勢揃いするお話なので)

読み方のポイントは「抑揚(イントネーション)」をしっかりとつけること!


そしてどの絵本を購入するか迷ったら次の3つの方法から選んでみてくださいね。


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次