instagramで毎日の読み聞かせ記録を公開中 click

主人公がハエ!?アメリカで大人気の初心者向けシリーズ絵本『Hi! Fly Guy』

ご紹介するのはアメリカで大人気の絵本、Fly Guyシリーズの第1作『Hi! Fly Guy』です。

Fly Guyシリーズの主人公は、なんとハエ。
虫嫌いの私ははじめこそ戸惑いましたが…汗
気づけば親子でかわいいハエのキャラクターのファンになっていました。


本作はアメリカの児童文学賞のひとつであるTheodor Seuss Geisel Award(ガイゼル賞)のHonor(佳作)に選ばれました。

この文学賞は、Dr. Seussの名で知られる絵本作家のTheodor Seuss Geiselの名を冠しています。(Dr. Seuss賞と呼ばれることもあります)

彼の遺した言葉にこんなものがあります。

“Children want the same things we want: to laugh, to be challenged, to be entertained and delighted.”

引用:https://en.wikipedia.org/wiki/Geisel_Award

ー子どもたちは、私たちと同じように笑うこと、挑戦すること、楽しむことそして喜ぶことを求めているー

ガイゼル賞は、この言葉を満たすようなBeginning Rreader(読書初心者)向けの優れた絵本に対して贈られるのが特徴です。


【ガイゼル賞についてはこちらの記事で詳しく解説しています】

目次

『Hi! Fly Guy』あらすじ

ある日のこと。
食べ物を探すハエと、かしこいペットを探す少年が偶然出会いました。

自由が好きなハエは訴えました「BUZZ(怒)」

少年は驚きました。僕の名前を知ってるなんて、なんてスマートなペットなんだ!
バズ少年とハエ(フライガイと名付けられます)はこうして出会いました。

『Hi! Fly Guy』おすすめポイント

こちらの絵本は先にご紹介したとおりGeisel AwardのHonorに選ばれた作品で、その賞にふさわしく初心者の読者にやさしい内容になっています

平易な単語、表現に加えてわかりやすいストーリーになっているので、読み聞かせ初心者にも挑戦しやすい作品だと思います。


ハエというユニークなキャラクターが面白いのか、我が家の子どもたちはFly Guyシリーズがとにかく大好きです。
※ちなみに虫嫌いの大人もご安心ください。私は筋金入りの虫嫌いですが、この絵本は読めますしむしろFly Guyのファンになってしまいました。ハエですがかわいいです(笑)


そしてシリーズもののいいところは、どんどん次の話が読みたくなるところです。
こちらのシリーズはまだ完結していないので、親子で新作を読むのが楽しみでもあります。




↓こちらも初心者におすすめのシリーズです

created by Rinker
Hyperion Books for Children
¥17,965 (2022/09/30 16:36:55時点 Amazon調べ-詳細)

『Hi! Fly Guy』読み聞かせレベル(Lexile指数)と対象年齢

リーディングレベル:Lexile指数 380L
対象年齢:5〜6歳


Lexile指数についてはこちらの記事で詳しく解説しています

『Hi! Fly Guy』まとめ

タイトルHi! Fly Guy
著者Tedd Arnold
本の長さ32ページ
リーディングレベルLexile指数 380L
対象年齢5〜6歳
created by Rinker
¥473 (2022/09/30 13:04:34時点 Amazon調べ-詳細)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次