instagramで毎日の読み聞かせ記録を公開中 click

一風変わったミミズの日記から学ぶ【英語日記の書き方】『Diary of a Worm』


ご紹介するのは、ミミズの少年による日記形式の絵本『Diary of a Worm』です。

主人公はミミズ、そしてミミズによる日記形式というなんとも奇想天外な設定の絵本。

私は極度の虫嫌いで、もちろんミミズも苦手なんですが、この絵本のミミズは愛嬌があってかわいいので問題なく読めます。
(これ、重要!!!)

目次

『Diary of a Worm』あらすじ

あるミミズの、ありふれた日常のお話です。

毎日、地球のために土をきれいにしていること。お友達のクモに土の掘り方を教えてあげたこと。その代わりに上下逆さまに歩く方法を教えてもらったこと。学校で、ランチを忘れて空腹のあまり宿題のノートを食べてしまったこと、などなど…

ミミズの視点で、日常生活がユーモアたっぷりに描かれています。

お話は日記形式で展開されます。

『Diary of a Worm』おすすめポイント

この絵本はあるミミズの少年による日記形式なので、日記の書き方の参考になるというのが一番のオススメポイントです。

英語上達のために英語で日記を書く、というのは昔からよく知られる英語学習法のひとつですよね。
この絵本をきっかけに、英語で日記を書いてみてはいかがですか?

もうひとつのポイントは、ミミズの生態を英語を通して学べることです。
大人も子どもも、きっと新しい発見や気づきがあるはずです。

『Diary of a Worm』読み聞かせレベルと対象年齢

リーディングレベル:Lexile指数 AD510L
対象年齢:5〜7歳


Lexile指数についてはこちらの記事で詳しく解説しています

まとめ

タイトル『Diary of a Worm』
著者Doreen Cronin
本の長さ40ページ
リーディングレベルLexile指数 AD510L
対象年齢5〜7歳
created by Rinker
¥1,291 (2022/09/30 02:16:03時点 Amazon調べ-詳細)


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次