instagramで毎日の読み聞かせ記録を公開中 click

【ふきだし多め】会話に使える表現が学べる絵本『Wordy Birdy』

ご紹介するのは、Tammi Sauer著『Wordy Birdy』です。

こちらは、長男が学校のBook Fairで自分で選んで購入してきた絵本です。

Book Fairという催しは、アメリカの学校で年に数回開催される本の展示販売会です。
イベント期間中は、本屋さんが学校で本を販売します。(息子の小学校はScholastic社です)
子どもたちは事前にチラシを見て買うものを決めたり、その場で自分で欲しい本を選んだりする楽しいイベント。売り上げの一部は学校に寄付される仕組みになっています。

本が好きな息子はこのBook Fairが大好き。
この絵本は「表紙がかわいいからこれに決めた」そうです(笑)
完全にジャケ買いの1冊でしたが、内容も素敵なアタリの絵本でした。

目次

『Wordy Birdy』あらすじ

おしゃべり好きの鳥Wordyのお話。

Wordyはいつも、自分の話をしてばかりで、ひとの話を聞きません。
ある日、彼女は森の奥を散歩していました。
「なんてきれいな木!」「そしてなんてすてきな危険サイン!」
立て札には「この先危険!」と書かれています。
友達のリスは危ないからとWordyを止めようとしますが、聞く耳を持ちません。

その後も友達のみんなはWordyのために説得を続けますが、それでも聞かないWordy。


Wordyの運命やいかに??

『Wordy Birdy』おすすめポイント

こちらの絵本にはたくさんのSpeech Bubble(吹き出し)が登場するので、自然な会話表現が学べるところが一番のおすすめポイントです。

会話にバリエーション豊かな形容詞が出てくるのも特徴。
おしゃべり好きで表現豊かなWordyの吹き出しはとっても実用的な英会話です。


また、Wordyの個性がいかにもアメリカ人なところも面白いですよ。
楽天家で自己肯定感の高い感じは、日本人としてある意味憧れちゃいます。

『Wordy Birdy』読み聞かせレベル(Lexile指数)と対象年齢

リーディングレベル:Lexile指数 AD480L
対象年齢:4〜7歳


Lexile指数についてはこちらの記事で詳しく解説しています

『Wordy Birdy』まとめ

タイトルWordy Birdy
著者Tammi Sauer
本の長さ32ページ
リーディングレベルLexile指数 AD480L
対象年齢4〜7歳
created by Rinker
¥865 (2022/09/30 13:10:32時点 Amazon調べ-詳細)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次