instagramで毎日の読み聞かせ記録を公開中 click

ある日突然ガチョウの母親になったクマのお話『Mother Bruce』

今回ご紹介するのはこちらの絵本『Mother Bruce』です。

 Ryan Higgins氏の代表作であるBruceシリーズは何作か出版されていますが、本作はそのシリーズ第一作。タイトルはMother Gooseとかけられています。
(表紙のタイトルはGooseをクロスアウトしてBruceと書き直されています、ユーモアがきいてますよね)

Bruceシリーズは私も息子たちも大好きな絵本です。

目次

『Mother Bruce』あらすじ

卵料理が大好きで気難し屋のクマのブルースは、ある日ガチョウの卵でゆで卵を作ろうとします。

しかし料理は失敗し、卵からはなんとガチョウのひなが孵ってしまったではありませんか。


孤独を愛するブルースは動揺します。
が、ブルースを母親と思い込んでいるガチョウのひなたちは一向にブルースから離れようとしません。

さて、どうするブルース!?

『Mother Bruce』おすすめポイント

この絵本は、なんと言っても気難し屋のブルースのキャラクターがいい味を出してます。
いつも不機嫌で孤独を何より愛するブルースが、ある日突然4羽のガチョウの母親となるのです。
戸惑いつつも子育てに奮闘する彼の姿には、同じ母親として思わず共感しちゃうこと間違いなしです(笑)


英単語の勉強にもなります。
goose(ガチョウ)の複数形はgeese。
そしてガチョウのひなは、gosling。

こういった、普段の生活ではなかなか遭遇しないけれど、ネイティブの子なら誰でも知っているような英単語に触れられるのも、絵本の良さですね。

『Mother Bruce』リーディングレベル(Lexile指数)と対象年齢

リーディングレベル:Lexile指数 AD500L
対象年齢:3〜5歳


Lexile指数についてはこちらをどうぞ

『Mother Bruce』まとめ

タイトル『Mother Bruce』
作者Ryan T. Higgins
本の長さ48ページ
リーディングレベルLexile指数 AD500L
対象年齢3〜5歳
created by Rinker
Disney-Hyperion
¥2,828 (2022/09/30 05:17:48時点 Amazon調べ-詳細)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次