instagramで毎日の読み聞かせ記録を公開中 click

恐竜好きの男の子におすすめ!『How to Catch a Dinosaur』

ご紹介するのはAdam Wallace著『How to Catch a Dinosaur』です。

著者のAdam Wallaceさんはオーストラリア出身で、アメリカで活躍する絵本作家。
代表作のHow to Catchシリーズは、各回さまざまなイベントにちなんだキャラクターや想像上のキャラクターなどを捕まえるために子どもたちが奮闘します。

本作は絶滅したはずの恐竜を追いかけます。恐竜好きの男の子におすすめです。

目次

『How to Catch a Dinosaur』あらすじ

明日はScience Fair(学校の理科の発表会)。
少年は今まで賞をとったことはありませんでしたが、今年はとれるに違いないと確信していました。
なぜなら…恐竜を捕まえようと企んでいるからです。

少年と友人たちはいろんな罠を仕掛けて、あの手この手で恐竜を捕まえようと奮闘します。

恐竜を捕まえることはできるのか?
そしてScience Fairで賞をもらうことはできるのでしょうか??

『How to Catch a Dinosaur』おすすめポイント

私はHow to Catchシリーズが大好きなんですが、なぜかというとアメリカのイベントや架空のキャラクターなどについて楽しく学べる絵本が多いからです。
アメリカでは欠かせない行事であるイースターやセントパトリックデー、それから日本では馴染みのないtooth fairy(乳歯が抜けた夜にやってきて、歯とひきかえにお金をくれる妖精)など、
アメリカの文化を楽しく学べる絵本が多いのがいいなと思って、我が家は思い切って全巻そろえました。

本作は恐竜なのでアメリカ文化とは関係ありませんが、恐竜についての知識もちょっと学べます。
“The dino is more bird than reptile”(恐竜は、爬虫類よりも鳥に近い)
という一節は恐竜好きの長男にはたまらなかったようです。

恐竜好きのお子さんにおすすめです。

読み聞かせレベル(Lexile指数)と対象年齢

リーディングレベル:Lexile指数 550L
対象年齢:5〜6歳


Lexile指数についてはこちらの記事で詳しく解説しています

『How to Catch a Dinosaur』まとめ

タイトルHow to Catch a Dinosaur
著者Adam Wallace
本の長さ40ページ
リーディングレベルLexile指数 550L
対象年齢5〜6歳
created by Rinker
Sourcebooks Wonderland
¥1,606 (2022/09/30 13:06:46時点 Amazon調べ-詳細)
eiko

恐竜好きの息子のお気に入りの図鑑はこちらです

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次